オートHEADレスポンス機能の有効化

Estimated reading time: 1 minute

Ktorは自動的に、GETで定義されたルーティングに対するHEADリクエストに対してレスポンスを返すことができます。

This feature is defined in the class io.ktor.features.AutoHeadResponse and no additional artifacts are required.

使い方

自動でHEADレスポンスを返す設定を有効化するには、AutoHeadResponse Featureをインストールしてください。

fun Application.main() {
  // ...
  install(AutoHeadResponse) 
  // ...
}

設定オプション

ありません。

内部的な隠蔽されている挙動

この機能は自動的にHEADリクエストに対し、まるでGETレスポンスにルーティングされたうえでbody部分を破棄したかのようにレスポンスを返します。 システムによって生成されるFinalContentは遅延評価されるので、ボディー付きのGETリクエストを処理する上でパフォーマンスのコストがかかりません。